軽自動車に定評のあるメーカー スズキについて

自家用車として始めて運転したのは、軽自動車であり、車種といえば、スズキが主流だったような記憶があります。

通勤の足はもちろんスズキ、車種選びには困りません

私が免許を取ったのは22歳、田舎では車は必需品であり、免許がないと、どこか欠陥があるかのように思われており、車の免許を取ることは当たり前でした。
自動車学校ではクラウンで練習し、我が家では父の車がスズキ車であり、とても違和感を抱いたまま、田舎の細道を運転の練習しました。
田舎道はまだまだ、舗装してある道も少なく、狭く運転の未熟な私には、軽自動車はぴったりだったはずですが、あちらにコツン、こちらにコツンと車も生傷が耐えませんでした。
それでも、父はわたしが仕事に通うからと、大事なスズキのアルトを私に譲ってくれました。
娘の私としては、自分では買うことはできないのに、外見的にもっと大きなかっこいい車が欲しいと思ったものです。

なぜ車種がスズキかと考えてみましたが、父には車種選びに迷うことはなかったと思います。
なんといっても田舎にはスズキを扱う自動車屋さんと、ホンダのバイク屋さんしかなかったと記憶しております。
それでも、地元の自動車屋さんはとても親切で、どんな困った事でも、無理な注文にも快く応じてくれていたと思います。
父はよくぶつける私に向かって、どうせぶつけるなら、もっと直しやすい所をぶつけろとぶつぶつ言っておりました。
父が大切にしていた車を娘に譲り、その娘がこれまた運転がへたくそであり、いまから思うと、車と娘とどちらにひやひやしていたのかと、可笑しくなります。
スズキ車は亡き父との思い出でもあります。

現在通勤として使っているのも、スズキ車、我が娘がお産に帰ってきて、病院に通うのに車が必要となり、購入しました。
車種はなんにしようかと思いましたが、長年のお付き合いのスズキなら安心感があり、人気のワゴンRに乗ってみたかったので、決めました。
その娘の無事お産がすみ、現在は私が通勤の足として大活躍しております。

そのスズキ車も随分距離が伸びているので、そろそろ換えたいと思っておりますが、最近の軽自動車はととも優秀のようで価格も優秀、ちょっと手がでないのが現状です。

車種は何にするかって?
もう少しお金貯めてから考えます。

比べてお得!

Copyright (C)2017軽自動車に定評のあるメーカー スズキについて.All rights reserved.