軽自動車に定評のあるメーカー スズキについて

発売からすでに1993年に登場したワゴンRは、軽自動車のスズキにとって大ベストセラーとなった車種です。

スズキを代表する車種と言えばワゴンRです。

発売までの間社内でもかなり懐疑的な人もいたようですが、発売と同時に大人気の車種となりました。
スズキにとってもこれほど長く好調を示している車両はこれまで無かったはずです。

開発時点での販売目標はおよそ3000台とみられていたのですが、、発売後は毎月1万台を超える大ヒットで、乗用車を含めた全車両の中でもトップセールスに輝いたことも有ります。
また、その人気は今でも変わらず、毎月1万台を超える勢いで、売り上げが鈍ることは全くありません。そのため、これまでマイナーチェンジが行われる度に装備は豪華になり、軽自動車ではトップクラスの豪華な装備に包まれています。

そのヒットの理由は、それまで余り広いとはいえ無かった軽自動車の室内空間を非常に大きくしたことです。

トールボーイスタイルに作り上げたルーフ工は、室内に大変広い空間を作り上げました。
それまでの軽自動車では考えられない広さと言えます。
なぜこの様なデザインがこれまで採用されなかったのが不思議なくらいです。

また、走りの面でもターボ車などを加え、十分な走りを披露しています。
スズキでのターボはワークスなどの車両に搭載されていて、定評がありました。
広い室内十分な走り、そして快適装備など、軽自動車に求められていたすべての弱点がワゴンRは解消したと言えるのです。

まさに軽自動車の中で圧倒的なトップ販売を誇るのもうなずけます。
我が家の周りにも、ワゴンRを所有する人は非常に多いです。

比べてお得!

Copyright (C)2017軽自動車に定評のあるメーカー スズキについて.All rights reserved.