軽自動車に定評のあるメーカー スズキについて

スズキの、スぺーシアの広さとワゴンRのエネチャージについて。また、車種のイメージについて。

スズキスペーシアとワゴンRの二車種について

スズキの車は普通車の車種もありますが、やはり軽自動車ではないでしょうか。なんといっても、燃費がいいのが軽のメリットですが最近はそれだけではないように思います。
一口に軽といっても車種は多彩で運転者が用途を考えて選べると思います。
コンパクトなもの、運転が楽しいもの、大きな荷物の乗せられるもの。業務用の軽は以外に中か広くて驚いたことがありました。
でも、一般のドライバー向けの車種でも中が広く使い勝手の良いものが増えてきました。
最近ではパレットがスペーシアとなりCMも流れていました。
掘北さんのイメージもあってましたね。ハイルーフで室内が広く余裕のあるつくりが魅力でしょう。スペーシアは荷物の多い人や自転車などを乗せる機会のある人にはよい車種だと思います。
昭和(?)の軽では考えられない容量で、しかもエコモードをうまく使うことにより燃費も良いようです。

他に、ワゴンRがスズキの車の車種ではロングセラーではないかと思います。
知り合いがかなり前に乗っていましたが今も見かけます。
もちろん今でもスズキの車種のラインナップに当然あります。
しかも、一番新しい車種はエネチャージという技術を導入し、スズキグリーンテクノロジーの考え方を反映しエコなイメージを前面に出しているようです。

今回はスペーシアとワゴンRについて書きましたが、アルトもスズキでは忘れてはならない車種でしょう。軽自動車を作り続けてきたスズキだからこそ蓄積してきたノウハウをこれからも生かした車作りに期待しています。

比べてお得!

Copyright (C)2017軽自動車に定評のあるメーカー スズキについて.All rights reserved.