軽自動車に定評のあるメーカー スズキについて

スズキの車種は魅力的なデザインが多いです。スズキはターゲットに絞りこんだ戦略が人気につながっていると思います。

次々に魅力的な車種を生みだすスズキ

スズキの車種は魅力的なデザインの車種が多いです。

そう感じるのは、車のオーナーになる人の年代、性別、好みを想定してある程度ターゲットを絞りこんだデザインを誕生させているからではないでしょうか。
例えば、スズキのラパンは、かわいらしい女子、女性、穏やかな草食男子が乗るイメージではありませんか。ラパンと言う名前どおりウサギのような顔立ちの車ですよね。そしてワゴンRスティングレーは、かっこいい若い世代の男女にターゲットを絞りこんだような気がします。
デザインに関していると、スズキの車種は、社会的にも大きな評価を得ていますよね。スイフトやエスクード、ラパン、ワゴンR、ジムニー、ソリオ、MRワゴンと言うように、グッドデザイン賞を過去多くの車種で受賞しています。
私自身、ここ数年見るスズキの車のデザインの変化は大きいものだと思いますし、良いデザインへ改良されていると思います。

またスズキは軽自動車の販売台数トップ1に輝いた功績がありますよね。スズキが注目されるようになった原因はワゴンRです。

その商品開発力にも関心を頂きますが、何よりスズキが勝ち組となったのは、とにかく軽自動車をはじめとして小型自動車に特に力を入れて取り組もうという、主力製品分類のターゲットの絞りこみにあると思います。
他のメーカーと違う点は、まんべんなく車種を販売するのではなくこういった軽自動車に特化するというこだわりこそが人気につながる車種を次々と生み出している秘訣なのではないでしょうか。最近のスズキの車種のデザインや内装には魅力を感じます。
これからのスズキの商品開発に期待したいです。

Copyright (C)2017軽自動車に定評のあるメーカー スズキについて.All rights reserved.